笑顔の女性

カウンセリングは大事

りんごを持った女性

顔の造作には流行のものがあります。そのため、単に二重にしたいといっても、色んな方法があるので、事前に行なわれるカウンセリングをしっかり行った方が良いのです。医師と利用者の共通認識を取るために重要です。

Read More..

ダウンタイムが無い

ファイルと若い医師

二重にする整形手術として多くの人が施術を望んでいるのが埋没法による手術です。まぶたを二重にするには切開するというだけでなく、シワを糸で作り出すという方法もあるのです。

Read More..

印象を決めるパーツ

ファイルと聴診器

顔の印象を決めるには色んな要素がありますが、目は特に重要視される箇所です。印象が強いからこそこの部分にコンプレックスを抱く人もいます。今では簡単に整形できるようになっています。

Read More..

色んな美しさ

ファイルを抱える看護師

博物館や美術館に行くとあらゆる時代の「美しい」とされた対象を描いたり形づくったりした作品が集まっています。しかし、今の感覚からするとその美しさが理解できないものであることも多いのです。例えば昔は太っているということが美しさの基準でした。今でも世界のどこかでは太った女性こそ美の象徴であるとされている国があります。日本では体型もそれほど大きくはないということ、そして欧米からの影響によって、手足が長く痩せている人が「プロポーションが良い」とされてきたのです。しかし、少し目を移してみると、「プロポーションが良い」ということを象徴する対象が、全く異なるのです。現代の日本ではパッチリした二重が美しさの基準とされています。しかし、平安時代の絵を見てみると、まぶたは一重であることが美しい人であるとされたのです。今でもまぶたが一重で切れ長である人が、クールな美女であるとされる風潮もあります。美しさとは、現代においてもいろんな視点があるのです。

日本人のまぶたは体質的にみてみると肉や脂肪が厚くついています。そのため一重や奥二重になりやすいのです。まぶたに肉が多いと年を取った時にたるみやすくなるということから、あまりまぶたが厚いことを好まない人も多いです。どんなに美しいといっても、本人がコンプレックスを持っていればそれは仕方のないことです。コンプレックスは精神にも大きな影響を及ぼし、全体的に印象の暗い雰囲気になってしまう人もいるのです。コンプレックスを除去するには、顔を変えることも一つの手です。整形の技術も増えてきているので、悩みを簡単に消すことも可能になっています。